Intel MCS-48(8048)と8080Aと8085とトランジスター...
counter 2SC945 | 8048 | 8051 | AVR | Z80 | ラジオ | 雑談 | 豆電球
2003|04|05|06|07|
2004|01|02|06|07|08|10|
2005|02|03|04|05|06|10|11|12|
2006|01|02|03|05|06|07|08|09|11|
2007|01|02|04|05|06|11|
2008|06|
2009|02|03|07|09|
2010|05|
2011|02|10|
2012|02|03|09|
2015|04|08|09|11|12|
2016|11|12|
2017|03|11|12|
2018|02|05|12|
2019|02|07|
2020|01|

2004-02-19 8048とLCDディスプレイ

- [8048]古いLCDディスプレイとの格闘

DM2020

8748のテストランもそろそろ終盤。約15年前に多分秋月電子だと思うが古いLCDディスプレイが見つかったので、これと悪戦苦闘していた。

一緒に見つかったのはLCDドライバNECのuPD7228のマニュアルとLCDディスプレイ基板から伸びている14本のピンコネクションだけだ。

こんな時、PICやAVRみたいにリアルタイムにプログラムが書き込めたらと痛感。やはり古いチップで開発するにはそれなりに根性がいる。2本しかない8748をイレーサーで消しながら、LCDディスプレイにタイミングを送っては表示を確認するを20回ほど繰り返した。

どうやら20桁x1行の製品のようだが、裏にはuPD7228が2つ載っている。スペックを確認するとuPD7228単体では8x50ドット(8分割モード)又は16x42(16分割モード)ドットを駆動できるらしい。が、LCDは5x12が20桁分となっている。

悪戦苦闘の結果、8分割モードで左10桁、右10桁を駆動しているらしいという事までは実験の結果から判った。でも、右10桁はドット落ちしていて、満足に表示できない。その上、写真からも判るように1桁12ドットのうち、下4桁が上4桁のドットパターンを表示してしまう。

もう、思いつく限りの組み合わせを行ったが力尽きる。という訳で、とりあえず、積算カウンターを作ってみた。現在3分2秒後の写真。幾つかスイッチを付けて時計に仕上げたいなぁ

- 21日追記:

丸一日動かしてみると、24時間で約30秒ほど時間が進んでいる事が判明。使っている水晶がキッチリ6MHzでは無いのだろうと推測。では、どの位かを計算すると、一日は86400秒、それが30秒多い86430となる。

つまり 86430/86400*6MHz=6.002083MHz, 誤差0.035%である。これは無調整にしては上等。これを平均的な時計の様に1ヶ月で誤差15秒とするならば、

86430*30 / 86430*30+15 * 6MHz, 誤差0.00058%の精度が必要。つまり6MHzの水晶に6,000,034.7Hzの精度が必要となる。これは無理だ。水晶発振モジュールに頼った方が良さそうだ。

- この古いLCDディスプレイ(DM202)のピン配置(欲しいという方へ)

ピン配置
本日のツッコミ(全7件) [ツッコミを入れる]
- 自称:画面ライダー (2004-05-23 13:29)

「トランジスタ技術」付録H8基板に付けようと引っ張り出してきたんだけど、何か解らない仕様だなぁって事で検索して来ました。
クロックまで必要とは面倒そうですね。
リストを参考にさせてもらって少しじたばたしてみます。

- ヤマカン (2004-06-27 05:32)

昔、DM2020 4M4 というヤツを買ったときにもらった資料は16時分割マルチチップ構成例の部分抜粋でした。
CA0,1とSYNCを調べないと判りませんが、SMMを LEFT=1eh、RIGHT=1dh で動かすのでは?

- ふぁ (2004-12-25 23:55)

わたしも同じ液晶を未使用で持っています。そうです、昔の
秋月です。しかし、資料紛失してしまったので、宜しければ
ピンアサインなど教えていただけないでしょうか…
8748とは恐れ入ります。
私はEZ-USBの8051をいじろうとしてググってここにたどり着きました…
8048って昔のPC-6001のサブCPUがそうでした・・・
懐かしいです。

- 熱暴走 (2005-05-05 05:30)

自分もこのLCDユニットを持ち合わせていて、検索したらココが
引っ掛かった...(´д`)
 今更ですが、無事動作させる事が出来たので解析報告を。

・このLCDユニットはマルチチップ構成になっており、画面左側を
 担当するuPD7228のチップアドレスは 11b、右側を担当するuPD7228
 のチップアドレスは 00b と基板パターンで設定されている。
・このユニットは D0〜D3 が外部に引き出されているのでシリアル/
 パラレルインターフェースとも選択・利用可能。
・Resetパルスは仕様では4uS(min)となっているが、不足する様。
 380uS程度あればOkだった。(それ以下は試していない)
・LCDそのものは20桁x2行構成になっていて、最下行は上4
 ビットしか存在しない。 しかし、秋月で売っている Sunlike社
 のユニットと違い1行目と2行目が隣接している。
・チップの同期を取る SYNC ピンは相互に接続されているので、片方
 を Master,もう片方を Slave として設定。(SMM コマンド)
 LCDユニットの構成上、16時分割となる。
 (当方は Master 00011110b,Slave 00011100b で動作確認)

LCDコントローラの仕様については、uPD7228のアッパコンパチ品
uPD16434(http://www.necel.com/nesdis/image/S10299JJ4V0DS00.pdf)
のデータシートが参考になります。

つ[チラシの裏]
・自分の買った奴に付いてきた資料には ADOパーツショップ の判子が。
・5月某日、鈴商にあるのを確認。

- hassan (2006-12-25 16:22)

please sent me data shit for lcd dm2020 and pins and strunction

- imayuki (2010-03-14 15:17)

後閑哲也氏の書籍で『C』を勉強していて、昔買った液晶表示器を思い出し、ネットでここにたどり着きました。
おかげで動くようになりました。以下のHPで公開していますので覗いてください。勝手ですがリンクさせていただきました。http://www.geocities.jp/imayuki_h/pic/DM2020.html

- tony (2018-01-30 02:39)

This is one of the few pages I found when looking for driver software for the 7228 chips. In the end I had to write my own Arduino driver library for the NEC uPD7228. So for anyone else who lands here looking for more drivers, see http://www.arduino.scorchingbay.nz/projects/7228 :-)

お名前:
E-mail:
コメント:
キーワードとして '東京' をローマ字で入力(半角小文字):

2020-01-11

1. TinyBasic-51がASでコンパイル可能に
2. tb51as23.asmの動作確認
3. 8155でRAM増設

2020-01-05

1. Intel D8751H
2. TinyBasic 51

2019-07-21

1. ArduinoUNOでAT90S2313を書き込む
2. ArduinoISPを修正
3. avrdude

2019-02-14

1. ネオン管・ネオン球・ネオン電球
2. 別のタイプのネオン電球

2018-12-31

1. 2KB EEPROM
3. LCD温度計

2018-05-23

1. 古い肥後ナイフ

2018-02-25

1. 小澤電気商会
2. 秋葉原電気まつり
3. フラッシュランプの極性

2017-12-06

1. gitで特定のブランチだけ取り出す
2. gitのバージョンが1.8
3. gitのバージョンが1.9以上ならば

2017-11-11

1. スペースインベーダ
2. 8080Emulator

2016-12-18

1. Lチカ・弛張発振回路。成功する例。失敗する例。

2016-12-01

1. 安定動作の2線式弛張発振回路

2016-11-20

1. 2SC1330を殻割りしたら本当に2SC945が出てきた話
2. 2SC945の新旧比較
3. 尚、世の中には以下のような物も流通しているらしい

2015-12-20

1. 弛張発振回路(安定版)とそのタイミングコンデンサの波形

2015-12-05

1. 中国から送料込み 2SC945 100本 $1.58 約200円が届きました。

2015-11-09

1. 1石ワイヤレスマイクの回路図
2. 受信機側も用意が必要
3. エレキットの想い出

2015-09-22

1. 新旧比較 DIPサイズな4桁 7セグメントLED

2015-09-21

1. Hitachi 14CD, 4Digit Cathode Common 7Segment LED

2015-08-23

1. レインボーLED WS2812+ATtiny2313をBASCOMで挑戦
2. パターンを出すメインルーチン

2015-08-22

1. Arduino UNO のCPUをATmega168Pへ交換してみた。
2. ATmeaga168Pのヒューズビット
3. ATmega168Pへ書き込むbootloader
4. ATmega168PのLockBits
5. Arduino-IDEにUNO168を登録
6. Arduino IDEの使い方
7. 内部発信器8MHzモードでもOK

2015-04-18

1. EDN-Japanにあったシリアルオシレータ回路

2012-09-17

1. 乾電池でネオンランプの点灯
2. 懐かしい色合いのネオンランプ
3. トリガートランス

2012-09-14

1. intel D8755A 2KB UV-EPROM and I/O

2012-03-11

1. 小さな麦球その2

2012-02-17

1. ブレッドボード上で試作

2011-10-23

1. LM3916のテスト

2011-02-27

1. 日立 1N34A
2. Hfeの低いトランジスタ
3. 小沢電気商会

2010-05-24

1. レフレックスラジオ向きのトランジスタ

2009-09-12

1. 3A5単球トランシーバ

2009-07-12

1. 中波帯の発信回路
2. ピン配置間違ってますか?
3. 2つの2SB187

2009-07-09

1. 5Vのモバイル電源
2. トップランド コードプラス充電器
3. C-MOSでなくてもいいかも。
4. 単三乾電池2本で動作するZ80ワンボードマイコン
Thank you protom.org Contact us info@protom.org