Intel MCS-48(8048)と8080Aと8085とトランジスター...
counter 2SC945 | 8048 | AVR | Z80 | ラジオ | 雑談 | 豆電球
2003|04|05|06|07|
2004|01|02|06|07|08|10|
2005|02|03|04|05|06|10|11|12|
2006|01|02|03|05|06|07|08|09|11|
2007|01|02|04|05|06|11|
2008|06|
2009|02|03|07|09|
2010|05|
2011|02|10|
2012|02|03|09|
2015|04|08|09|11|12|
2016|11|12|
2017|03|11|12|
2018|02|05|12|

2007-05-08 8048 FeRAM

- [8048]8048ボードの自己書き換え成功

もう1年以上も前に作った8048マイコンボードV2による自己書き換えに成功した。但し、自己書き換えと言っても8748の内部EPROMではないけど。外部プログラムメモリーとしてEEPROMのX2816を使った場合は書き込み後に暫くアドレス線を静止させなければならず、8048ではこれが非常に難しく暗礁に乗り上げたままだった。

しかし世の中にはRAMTRONのFRAM FM1608というデバイスがある事を知り、SRAMのように書き込めROMのように扱える夢のデバイスがある。今回はこれに置き換えて挑戦してみた

- FRAM(FeRAM)FM1608とは

通常のSRAMのように扱えるので乗せ変えるだけと思いきや、これが全く動かず。しばしデータシートを眺めると、/CS(チップセレクト)端子を動かしてアドレスを内部にラッチさせないとダメとありました。この8048ボードは/CS線はGNDに繋がっているので原因究明。空きスペースにTTLの74LS08を置いて、8048からのPSEN,RD,WRでNegative-ORして/CS線に繋いであげると動き出しました。

- ROMソケットの教訓

当初このボードには外付け用に24Pinのソケットを使っていたが、FM1608は28Pinで困った。仕方ないので新しい28Pinのソケットを用意してそれを加工して4Pin分だけ延長した。ボードに空きスペースがあって本当に良かった。この拡張突貫工事が出来なければ今でも8048とFeRAMなる競演はまだまだ実現せず、FeRAMも永遠のお飾りだったかもしれない。今度からは28Pinソケットにしておこう。

- 夢は膨らむ

基礎実験が終わったのであとは、8048用にモニタープログラムを作って、PCとシリアル通信してプログラムを読んだりオンメモリー空間に書き込んだプログラムを実行する。という昔のボードコンピュータみたいな事が出来そうだ。が、これが実現するのは一体何時になることやら。

汚い配線FM1608増設


2007-05-09 へんなLED

- [雑談]へんなLED

大抵のLEDは中身をよーく見ると、お皿のような形状の上に光るチップが乗っていてここがカソード側(−)なんですが、逆のタイプのLEDもあります。それがへんなLEDこれなんです。元ネタは居酒屋ガレージさんのblogですが、新品の場合はカソード側の足が長くなっているそうです。やっぱりLEDテスター必要ですね。

その後、新品でお皿側がアノードになっているLEDを発見しました。HPのHLMP-C100というLEDでした。何処で購入したか不明で安かったので購入しておいた物です。テーピング品の為か足の長さは両方とも同じなんです。

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

- Dr.デーブ [うちのパーツ入れにも何本か入っていました。 見た目だけで極性を判断できないんですね。 メモを袋に一緒に入れておく..]


2007-05-10 電気スタンドを買い替えました

- [雑談]ルーペ付き電気スタンド

最近はめっきり小さな物が見えにくくて。果たしていつまでユニバーサル基板にUEW線でハンダ付けが出来る事やら。しかし、ホームセンターにてルーペ付きのアーム式電気スタンドが¥5,800円で売られているのを発見。オーム電機製の安物(失礼)だが、これは便利。OAL-8066G-W

昔から同じような物が東急ハンズなどで見かけたが、どれも数万円以上の代物だった。丸型の蛍光灯が22Wという事で店頭で見たときはそんなに明るいとは感じなかったが、家で使ってみるとこれが非常に明るい!。これは名品ですな。

品番はOAL-8066G-Wと箱に書いてありました。googleで検索すると結構色々な所で売っている物ですね。但し、交換用の蛍光灯がなんか特殊な感じなんですが・・・。


2007-05-13 らーめん缶

- [雑談]らーめん缶

最近は100円の自動販売機が割りと設置されているのですが、近所に新しく設置された自動販売機の上段にはおでん缶が並べられていて、「おでん缶もメジャーになったなぁ」と思っていたのですが、その隣にはらーめん缶「札幌 らーめん缶 味噌味・醤油味」が並んでいました。これはと

思い、買って来ました。1本250円でした。

>缶を開ければラーメン一丁!手間いらずで出来たての味。

>新開発したヘルシーな蒟蒻麺(こんにゃく)が、のびずにいつでも美味しい「らーあん缶」を誕生させました。

とパッケージに記載されています。


2007-05-20 ニノミヤ,ついに事業廃止

- [雑談]ニノミヤ,ついに事業廃止

つい一ヶ月程前に始めて、日本橋の「ニノミヤ パーツランド」に行ってきたばかりだが、ニノミヤ自体が廃業されるそうです。パーツランドは6月10日に閉店らしいので、もう一度日本橋へ出かけないと。あそこにしかないパーツがごまんとあるからなぁ。京都の寺町店もきっともうないのだろうか。

ニノミヤからのリリーススラドの記事

- [8048]6MHzの発振子

8048のノーマルバージョンは基本クロックが6MHzなんですが、巷によくあるセラロック(セラミック発振子)は4M,8M,10M,12Mはあるけれど6MHzってなかなかないんです。6MHzのセラロックこの写真の物は日本橋の共立電子でパーツケースの底の方に残っていた怪しい物で最近購入した。以前に京都の寺町通りにあったニノミヤで水晶発振子を購入したことがあって、もっと買って置けば良かったなぁと後悔。

- 癒し

そんな訳で、このセラロックが使えるかどうかボードの写真昔のボードで簡単なテスト。2端子であるからコンデンサは内蔵されていないだろう。外付けのコンデンサなしの状態で約6.09MHzで無事発振を確認。テストプログラムはLEDが右から左へ、そしてまた右へと光が往復するだけの至極簡単な物だ。しばし眺めていると「やっぱりEP-ROMバージョンの8748は単純な作りが一番似合う」としみじみと思う。セラミックパッケージ。窓付き。そして40PinのDIPというスタイルがノスタルジーなんだと。また、これに使われている赤色LEDが年代物で物凄く暗い物なんです。最近の高輝度LEDとは色合いが違うのと、ビーム角が広い(というか正面から見ても全く眩しくない)為だろうか。そしてCPUを触るとほんのりと暖かい。癒しだな。これは。

- led.lst

ソースリストはこちら


2007-05-26 バーサライタ

- [8048]バーサライタ

こんどは前回のバーサライタのフォントを10dotにしてみた。 基板8048とLEDが10個の簡単なボード。

- みやこ

しかし、これの写真をデジカメで一人で撮るのは至難の業だ。120枚撮ったうちの割と写りの良い2枚を記念に。

みやこ みやこ

- furifuri_miyako.lst

ソースリストはこちら

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

- しゃちょー [ふと思ったんですが、8748 って C Compiler 無いですか? アセンブラで書いてるんですね。 よしよし..]


2018-12-31

1. 2KB EEPROM
3. LCD温度計

2018-05-23

1. 古い肥後ナイフ

2018-02-25

1. 小澤電気商会
2. 秋葉原電気まつり
3. フラッシュランプの極性

2017-12-06

1. gitで特定のブランチだけ取り出す
2. gitのバージョンが1.8
3. gitのバージョンが1.9以上ならば

2017-11-11

1. スペースインベーダ
2. 8080Emulator

2016-12-18

1. Lチカ・弛張発振回路。成功する例。失敗する例。

2016-12-01

1. 安定動作の2線式弛張発振回路

2016-11-20

1. 2SC1330を殻割りしたら本当に2SC945が出てきた話
2. 2SC945の新旧比較
3. 尚、世の中には以下のような物も流通しているらしい

2015-12-20

1. 弛張発振回路(安定版)とそのタイミングコンデンサの波形

2015-12-05

1. 中国から送料込み 2SC945 100本 $1.58 約200円が届きました。

2015-11-09

1. 1石ワイヤレスマイクの回路図
2. 受信機側も用意が必要
3. エレキットの想い出

2015-09-22

1. 新旧比較 DIPサイズな4桁 7セグメントLED

2015-09-21

1. Hitachi 14CD, 4Digit Cathode Common 7Segment LED

2015-08-23

1. レインボーLED WS2812+ATtiny2313をBASCOMで挑戦
2. パターンを出すメインルーチン

2015-08-22

1. Arduino UNO のCPUをATmega168Pへ交換してみた。
2. ATmeaga168Pのヒューズビット
3. ATmega168Pへ書き込むbootloader
4. ATmega168PのLockBits
5. Arduino-IDEにUNO168を登録
6. Arduino IDEの使い方
7. 内部発信器8MHzモードでもOK

2015-04-18

1. EDN-Japanにあったシリアルオシレータ回路

2012-09-17

1. 乾電池でネオンランプの点灯
2. 懐かしい色合いのネオンランプ
3. トリガートランス

2012-09-14

1. intel D8755A 2KB UV-EPROM and I/O

2012-03-11

1. 小さな麦球その2

2012-02-17

1. ブレッドボード上で試作

2011-10-23

1. LM3916のテスト

2011-02-27

1. 日立 1N34A
2. Hfeの低いトランジスタ
3. 小沢電気商会

2010-05-24

1. レフレックスラジオ向きのトランジスタ

2009-09-12

1. 3A5単球トランシーバ

2009-07-12

1. 中波帯の発信回路
2. ピン配置間違ってますか?
3. 2つの2SB187

2009-07-09

1. 5Vのモバイル電源
2. トップランド コードプラス充電器
3. C-MOSでなくてもいいかも。
4. 単三乾電池2本で動作するZ80ワンボードマイコン

2009-03-13

1. 要注意なトランジスタ ニセか? 2SA733

2009-02-15

1. 一石レフレックスラジオ

2009-02-11

1. 2SB187
2. 2SC454
3. 2SC536
4. 2SC945 TO-92
5. 2SC945 旧パッケージ(1971年製)

2008-06-15

2. 足元ライト
3. 火傷
Thank you protom.org Contact us info@protom.org