2023/06/29(木)7石トランジスタラジオキット K-108BとK-108B-2 その1

国産のトランジスタラジオキットは大分昔に見かけなくなりました。しかし海外(中華製)ならまだ入手可能です。何年か前にaitendoさんから購入した7石トランジスタラジオキット [K-108B-2]が家にありましたので組み立てる前に少し検品も兼ねて調べてみました。
ところでこのキットのオリジナルと思われる中国語のドキュメントですが非常に詳しく解説されている様です。中国語が読めないですが79ページにもなる説明書で沢山の挿し絵が入っていて参考になります。ネットで見つかります。

aitendoではK-108BとK-108B-2の2バージョンがある

まずネットでよく見かける物はHX108-2だと思います。上記のaitendoさんのK108B-2は大変良く似ていますが一部異なる部分があります。
K-108B-2 vs HX108

また回路図もほんの僅かですが違いがあります。K-108B-2回路図には発振対策と思われる初段のIFTと並列にR13として24kΩがありますがK-108Bの回路図にはありません。しかし一番の違いはOSCコイルとIFTが異なります。どうやら赤のOSCコイルが黒のOSCコイルに変わった事でピン配置も変わり、基板パターンもそれに合わせて変更された為、品番にサフィックス -2 を付けた模様。
OSCコイルIFTその他
K-108B-27mm黒7mm白黄緑OSCコイルの結線が異なる
K-108B又はHX10810mm赤10mm黄白黒標準的な構成
特に黒のOSCコイルは通常の物とピン配置が異なるため基板をそれに合わせる必要があります。このピン配置ははじめてトランジスター回路を設計する本に記載されている初期タイプのOSCコイルと同じピン配置でした。
はじめてトランジスター回路を設計する本

OSCコイル及びIFTの検品

K-108B-2のOSCとIFTコイル

購入したキットのIFTを良く見ると初段の白コイルの内蔵コンデンサが他のIFTと違っています。またピンに錆びが出ています。念のためテスターでチェックすると断線していました。このまま組み立てても動作する見込みがありません。購入してから大分経っているので今更交換して貰うのも忍びないので、7mmのIFTは別途手配してみたいと思います。
続く