2023/01/21(土)一石 レフレックスラジオ ゲルマニウムトランジスター版

古いトランジスタ 2SA353が見つかったのでずーっと昔に作ったレフレックスラジオで動作確認してみました。
結果はというと2SA100超えの感度でした。一本しかないので同じ品番でも大きくバラつきがあると思いますが良い成績です。惜しむは錆ている事です。2SA100と2SA353の共通項は合金接合ドリフト形で且つhfeが大きい事ですね。現代のシリコントランジスタであればトランジスタを変えても感度差は殆どありません。しかしゲルマトランジスタとなると大きく差が出ました。ネットを漁ると2SA221でもレフレックスラジオでの制作例がありましたので、自分も入手して試してみたいですね。
一石 レフレックスラジオ ゲルマニウムトランジスター版

2023/01/12(木)XGecu T48 [TL866-3G] プログラマを購入

今年2つ目の自分へのお年玉として XGecu T48 [TL866-3G] プログラマーを購入しました。1/1にAmazonへ発注して本日到着しました。
家の古いTopMaxでは最新のPIC系への書き込みが出来ずPICKit4の購入も検討しましたが、以下の点を考慮した結果こちらを購入。
  • 25V対応で2716への書き込みも可能。(残念ながら8748/8749/8751は不可)
  • 小型なので場所を取らない。偶にしか使わない私には保管場所を取らず簡単。使うときはUSBケーブルを刺すだけ。
  • 既に出来上がっているソフトウェアを書き込む場合は寧ろZIFソケット付きで便利
  • ISPプログラムも対応と謳っている(自分では未確認)
TL866 3G T48

2023/01/11(水)LCRメータ DE5000を購入

今年最初の購入品は秋月電子さんからLCRメータDE-5000を購入しました。隣に写っているのは2004年に購入したCUSTOMのELC-100です。現在は他のメーカーから同等の物がLCR-9063として販売されています。100pF以下は誤差が大きい上に測定値が安定せず、購入したけれど、あまり出番はありませんでした。
しかしパーツボックスにある規格不明のバリコンやバーアンテナのインダクタンスを調べたくて精度が高くキャリブレーション可能なDE-5000を購入しました。今まで測定できなかった小さな容量のコンデンサも測定出来るようになりました。
  • DE-5000で22pFのコンデンサを測定した場合
DE-5000 ELC-100


  • 同じ22pFをCUSTOMのELC-100で測定すると34pFと表示されます。
DE-5000 ELC-100

2022/12/18(日)2SK241の代替 高周波用 MOS-FET SANYO 2SK544

我が家にはトランジスターのストックは大量にあるが、FETとなると数本しか手持ちがない。ラジオ回路でよく使われた2SK192や2SK241もまだ入手可能らしいので今のうちに仕入れしようと思いネットを捜しまわた挙句、代替品のSANYO 2SK544を安く入手。まぁ私の場合は精々ラジオでしか使わないので秋月で売っている海外品でも良いハズなんだけれども、やっぱり国産が良いなぁ。